仕事できない期間を助ける

診察

治療に専念できる制度

うつ病によって休職を余儀なくされるケースは現代では多いです。その際は退職後の生活費や治療費が不安になります。制度として生活費や治療費を雇用保険や労災保険で補てんする事もケースにより可能であり、それが傷病手当金うつ病です。そもそも休職できるのかという事ですが、休職自体は法律で定められているものではなく各会社独自で行われる制度です。今勤めている会社が休職希望の場合は退職をと決めても、それは特に違法ではありません。休職制度がその会社に合った場合も、期間や要件等も会社によって異なります。会社担当者に確認し、もしあるならば連絡手段や提出書類の内容等を確認しておく事は必須になります。会社の上司に相談し難い場合は、会社内にある相談窓口や労働組合に相談する手もあります。もしも会社が協力的ではない場合は、会社外の相談機関もあります。弁護士はもちろん、都道府県の労働基準監督署も一向に問題が解決できない場合活用する事もできますが、労災で受給するのと傷病手当金うつ病を受給するのとではケースが異なる事に注意が必要です。

うつ病により労働できなくなった方の生活を支える制度が傷病手当金うつ病です。この傷病手当金うつ病取得により、しばらくの間は生活費が担保され、治療に専念する事ができます。うつ病で労務不能になった際に申請する事で得られますが、申請から1か月程で受給開始できるというものも労災とは異なり迅速で助かる制度です。労災の場合は認定され受給まで1年程が平均だからです。1年も生活費に悩まされる心配はないので、復職に向けて治療に専念できます。支給額は標準報酬月額の3分の2で、最大で1年6か月も給付期間があります。3分の2でいつもの給料よりも減額にはなりますが、当面の生活費を補てんする事ができます。休職以外に退職をした方でも傷病手当金の申請は可能です。2年間の時効があるので、退職後2年以内に申請する事で受給可能です。ただし医師からの労務不能である証明書が必要なので、期間が空きすぎると医師が書いてくれない場合もあります。2年間の時効があるとはいえ、早急に申請する事が推奨されます。

Copyright© 2019 傷病手当金の特徴や悩みの解決方法を理解する All Rights Reserved.